カテゴリー別アーカイブ: 政治、宗教、哲学、思想

ほのぼの裁判の想い出

 

重度の鬱病で5年間は病院に出たり入ったり、両親に介護を受けてほぼ寝たきり
だったけど、奇跡的に出歩けるぐらいは復活した。
インスタや投資で稼いだ金で貯金はあったので、私を廃人に追いやった過去の遺恨に

決着をつけるべく東京地裁で裁判を。

弁護士は昔からなじみのY法律事務所のI先生にお願いした。

 

訴状を出す前にI先生からは「損害賠償は3年で時効なので、できるところまで
やるけどこの裁判はまず勝てないよ。」と言われていた。

 

かくして裁判は「パワハラは実際あったのか?」を争点に月1回、
計3回開催された。
被告のブラック企業は社長を含め社員は誰も出廷せず、
代理人の弁護士だけ出廷した。

 

裁判の旗色はもの凄く悪かった。
まだ鬱病という言葉よりノイローゼという言葉がメジャーだったし、
ブラック企業という言葉もなかった時代だ。

 

果たして計三回の審議の後、郵送で判決が送られてきた。
結果は雀の涙ながらの見舞金が出ただけで事実上の敗訴。
でも心の整理はついて良かった。

 

結審から数ヶ月後、この裁判が原因でパワハラ上司とその関係者一同が
懲戒解雇になったらしいという風の噂を聞いた。
君たちは50代前半とまだ若い、人生はこれからだ。
将来に痛風、腰痛、糖尿病、成人病と言った無限の可能性がある。
罪を憎んで人を憎まず。
中高年で無職、子供部屋おじさんと将来有望だ。
第二の人生も現状に満足せず、貪欲に邁進してほしい。

木村先生のオフ会に行った

 

9月の病院帰り、高田馬場駅で絵を抱えた木村先生らしき人を見かけたので、

声を掛けたらやっぱり一水会の木村先生だった。

12日の会合に来るように念押しされてしまった。

なので12日は第226回一水会フォーラムに行ってきた。

 

しょっぱなは木村先生の一水会の活動報告。

次に神社本庁の土地転がし背任問題で火中の人になってるIさんの

係争中の状況。

次に本題の細田昌志さんの「野口家~芸能界・格闘技界を育んだ右翼人脈の深淵」

だったが、本題に入る前の前置きが凄い長く、有名右翼も児玉誉士夫ぐらいしか

出なくて「何かなー・・・?」と言う感じだった。

肝心の質問タイムも私が「PRIDEの初代社長の自殺は、黒い繋がりと関係あるんですかー?」と質問したら「私知りませーん。」と冷や汗たらしながらはぐらかされて

しまった。

 

続きの2次会の直会は会場のすぐ隣の居酒屋。

先客がいたところに「一水会でーす。」と17人ぐらい入っていったから、

周りの客が一人を除いて引いていた。

木村先生は我々の座っているテーブルまで詰めかけ「対米自立」を熱く

語ってくれたが、久しぶりの酒で酔いが猛烈に回って頭に残らなくて、

右から左へ流れてしまった。

連れの友人が木村先生と2ショット写メを撮ろうとした時「写メは

次の三島由紀夫51回忌の時に、伊藤さんと共にVIPで席取っておくから。」

と友人に便乗して2ショット撮るチャンスを逃した。

それにしても私は年寄りなのに、同じテーブルに座ってる小野さんや近くの

桜井さんに「若い人ももっとしゃべれ!!」と催促された。

童顔はほんとこういう会合やビジネスの場では損するなー。

中途半端に真ん中が禿げているから舐められるのかな?

次の三島由紀夫51回忌には禿げヅラを被っていこう。

結局終電ぎりぎりまで飲んで、タクシーで帰る組の人と木村先生に挨拶して

帰った。