木村先生のオフ会に行った

 

9月の病院帰り、高田馬場駅で絵を抱えた木村先生らしき人を見かけたので、

声を掛けたらやっぱり一水会の木村先生だった。

12日の会合に来るように念押しされてしまった。

なので12日は第226回一水会フォーラムに行ってきた。

 

しょっぱなは木村先生の一水会の活動報告。

次に神社本庁の土地転がし背任問題で火中の人になってるIさんの

係争中の状況。

次に本題の細田昌志さんの「野口家~芸能界・格闘技界を育んだ右翼人脈の深淵」

だったが、本題に入る前の前置きが凄い長く、有名右翼も児玉誉士夫ぐらいしか

出なくて「何かなー・・・?」と言う感じだった。

肝心の質問タイムも私が「PRIDEの初代社長の自殺は、黒い繋がりと関係あるんですかー?」と質問したら「私知りませーん。」と冷や汗たらしながらはぐらかされて

しまった。

 

続きの2次会の直会は会場のすぐ隣の居酒屋。

先客がいたところに「一水会でーす。」と17人ぐらい入っていったから、

周りの客が一人を除いて引いていた。

木村先生は我々の座っているテーブルまで詰めかけ「対米自立」を熱く

語ってくれたが、久しぶりの酒で酔いが猛烈に回って頭に残らなくて、

右から左へ流れてしまった。

連れの友人が木村先生と2ショット写メを撮ろうとした時「写メは

次の三島由紀夫51回忌の時に、伊藤さんと共にVIPで席取っておくから。」

と友人に便乗して2ショット撮るチャンスを逃した。

それにしても私は年寄りなのに、同じテーブルに座ってる小野さんや近くの

桜井さんに「若い人ももっとしゃべれ!!」と催促された。

童顔はほんとこういう会合やビジネスの場では損するなー。

中途半端に真ん中が禿げているから舐められるのかな?

次の三島由紀夫51回忌には禿げヅラを被っていこう。

結局終電ぎりぎりまで飲んで、タクシーで帰る組の人と木村先生に挨拶して

帰った。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。