地下格闘場ツルザップに行って来た22

 

一度引退したが、周りの方やファンの方のありがたい声援もあり、

12日は道場のレッスンが終わった後、半年ぶりにツルザップに行ってきた。

まあ当然半年もスパーリングからは遠ざかっていたので、

間合いの調整とか、見切りとか、勝負勘とか、キックルールでの上手い立ち回りとか

その他もろもろが飛んでいることと、久しぶりなんで緊張で上がってること前提で

この動画とレポートをご参照ください。

 

1意拳VSシステマ(キックルール)

2意拳VS元プロキック

 

崩し&開門を仕込んだんで、当身の命中率はかなり上がってると思うんですが、

当方の拳法の主戦術がインファイト先制&パワーラッシュなので、

ラッシュってあっという間にスタミナ切れるんですよ。

スタミナ切れちゃうと苦しくてほぼ動けなくなっちゃうんで、

大体開始1分ぐらいでスタミナ0になっちゃってやられだしてきて、

距離を取って前蹴りで相手突き放して回復をはかっているのは、

それですね。

 

まあ課題は何と言ってもスタミナ不足ですね。

槍術をやる時間をもっと増やしてスタミナ向上かなー?

あとスタミナ切れて距離を話して回復をはかるときの

突き放し用の蹴り技のレパートリーは増やした方がいいかな?

まあ、この辺はコーチの高見さんに相談だな。

あっそうそう、マスクは2のキックの人みたいに下げて

やらないと。

マスクで息苦しいかそうでないかでスタミナの持ち

全然違うからねー。

 

鶴さんの恒例の小話は、お風呂屋さんでパネマに引っ掛かって

凹んだというお風呂屋あるある話でした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。