カテゴリー別アーカイブ: 中国拳法、ダンス

テコンドーのリーさんのスパーリングオフ会に行った3

中国拳法、ダンス

  10日は第三回多摩スパに行ってきた。 いつもYAHOO路線図の到着時間ギリギリに家を出て、かなり遅刻して慌てて 現場入りする羽目になるのだが、今回は到着予定時間1時間前に家を出た。 家から現場まで2時間かかって着くだけでクタクタになったのだが、 ちょうど開始5分前ぐらいに受付を済ませられたので、慌てる様子もなく 前半は結構うまく立ち回れたと思う。 心情の変化は思ってた以上にパフォーマンスに影響するなと。   10人は当たれなかったが、いつもの2倍ぐらいの9人と当たったが、 もうちょっと大幅に休憩取って7人ぐらいに抑えればよかった。 やっぱスタミナ切れると判断力と機動性が劇的に落ちる。   やっていて思ったのはアンコがISAMIのパウンドグローブだと、 蹴り技のエキスパート達にはもうこれ以上太刀打ちできない。 アンコがでかい分ボディーはほとんど効かないし、でかいアンコが マニュピュレーターに干渉して手の開閉がしづらく、 掴み、引っかけ、叩き落とし等手技系が出遅れるか掛かりが浅い。 当然アンコが薄い分、いいのが入りやすくなるがそれはここで 前もって謝ります。   あと用意していった技がほとんどダメだったなー、前述のグローブの 問題も大きいが・・・。   あと次回の為に高見さんに再確認したいのは、壁拳の引き寄せるやつと 三角歩でガードを作りながら接近するやつ。 これを蛇纏手でやりながら接近したらどうだろう? とにかくテコンドーは蹴りの当たる位置で正対してはダメだと痛い思いして 思い知らされた。   懇親会は無くて、帰りはリーさん一行と最寄駅から分倍河原まで武クラ話。   続きを読む

地下格闘場ツルザップに行って来た30

中国拳法、ダンス

  12日はツルザップに行ってきた。 ツルザップ含めスパーリングオフ系はいつもそうだが、 わりかしいいコンディションで参加できたためしがない。 この日も前日納品の催促が来て徹夜で仕事→道場→トラブった仕事のやり取り →ヘロヘロでツルザップだ。   1~3は全てVSツルザップの副幹事みたいなイクミさん   イクミさん、いつもジャブで突き放してくるんだけど、 道場でその日習ったゴウグワ(漢字分かりません:パーリング)を 受けで使ったらいい感じだった。 これ受けで使ってもいいんじゃね? あと他に思うところは動画に直接ナレーションで吹き込んだ。   これはツルザップ側に言いたいんだけど、他の人はこれだけだからいいけど、 私は道場→仕事から梯子してきてるんで、スパーリング前に なるべく温存しておきたい。 スパ直前にやるサーキットのツルザップレースやめて、 スパーリングの時間延ばしてほしいな。   最近はちょっと早めに終わるみたいか、23時前に現場のOGUNI-GYMを 出れた。 続きを読む

地下格闘場ツルザップに行って来た29

中国拳法、ダンス

          29日はツルザップに行ってきました。 この日は朝起きてから体調が悪く、ツルザップに向かう2時間前 「うーん、どうも体が熱い。」と思って熱を測ってみたら、 38度もありやがりまして、慌てて解熱剤とサウナスーツを 家出る直前まで着て汗だらだらかいてました。   家出る直前には36度まで熱下がったし、咳もしてないので ツルザップ向かうことに。   現場に着いたら鶴さんはロケに出て来てなくて、 今日の幹事担当はスタッフの黄色いツルザップTシャツを着ている イクミさんとのこと。   スパーリングタイムは普段はやらないのですが、女子相手の 殴られ屋の若い衆が足りないとのことで、おっさんの私も かり出されることに。   スパー自体は2ラウンドやったのですが、帰り道で 撮影動画をチェックしたら慣れないi-phone14のせいか ON/OFFのスイッチが変に入ってしまったらしく、 許先生の新技とかを極めた見せ場が多かった2ラウンド目が 撮れてない・・・。 替わりに撮れてたのは殴られ屋のシーンだけ。 また仕事忙しくなってくる時期だけど、 再来週もロケリベンジでツルザップ行くしかないかー💦   続きを読む

7年ぶり(?)の実戦

中国拳法、ダンス

  さっきファミマにチャリ乗ってポテチ買いに行ったら、 土方のおっさんに「そこチャリ止めたら車は入れねーだろ。」って 怒鳴られて、謝って停めたチャリ移動しようとしたら、 ヘルプマークつけてる人間を掴むか殴りかかってきたので、 站椿で懐に入って左フック→右ボディブロー→上段崩拳で吹っ飛ばし、 吹っ飛んだところを詰めて、 左拳を顔に押し当てて「チャリどかすからこれでいいですよね。」言ったら、 おっさん「おおっう・・・💦」 チャリ移動して、ポテチ買って出て終了。 なに、7年ぶりぐらいの実戦とかいうやつ? すぐ斜め前交番なのに、実戦めんどくさいですね(´・ω・`) 続きを読む

地下格闘場ツルザップに行って来た28

中国拳法、ダンス

      24日は朝、体調不良だったんですけど外は土砂降りの中、道場稽古行って、 帰ってきて仕事して、その後ツルザップへ。   よくSNSとかで「なんであんなにヨタヨタしてるんだ。」とか「若いんだから(?) もっとしっかりしろ!」とか叩かれてその度に言ってるんですが、 ツルザップ行く日は朝、3時間ぐらい道場稽古で疲れる→家帰って仕事して更に過労 →ツルザップと言う流れで自分よりだいたい10歳以上の若いのとやってるんで、 無茶振りはいい加減止めて下さい。   1VS元プロボクサー 2VSキックボクシング   1は余裕があれば、この日道場で習った許先生の新技を試そうと思ったが、 動きが複雑な技でかつ余裕なんて全然なかったので出せず。 意外と抜水正面は使えることが分かったのでセットリストに追加と。   2は同じインファイトタイプなのでやりやすかった。 相手若そうなのでかなり打たれ強い。   全体を通して、私の戦法は今の道場来た時に一番最初に習った パンチコンボ中心に組みあがってるので、これの威力の底上げと この技はスタミナを一挙に食うので、省エネ化が課題かなと。 あとはパンチコンボに持っていく導線をいくつか組めば、 それなりに仕上がるかと。   2ラウンド終了後、腰を痛めたらしく鈍痛があったので、 ツルザップ終了後、周りと立話しないでとっとと荷物まとめて 引き上げました。    続きを読む

テコンドーのリーさんのスパーリングオフ会に行った2

中国拳法、ダンス

          10日はリーさんの第二回多摩スパに道場休んで行ってきたんですが、 前回と違って場所が八王子の奥地にあって着くだけでも大変でした。 YAHOO路線図だと1時間ぐらいで着くはずなんですが、乗り換えが 4回あり、時間通りに電車が来ないので最寄り駅の西八王子駅に着いたのが 開始15分遅れ。 しかもバスが東京都なのに土日祝はバスが1時間に1本しか来ないんですね。 しょうがないんでタクシー乗り場でタクシー待ってたら、それも20分に1台 しか来ない。 会場の体育館まで寄せて貰ってエントランスの階段を駆け上がり、受付で 手続きして更衣室で着替えて、撮影機材をかなり遅れているので あわてて組んだらロックをかけ忘れて倒れて崩れたり、スマホを上下逆に取り付けて 画面にエラーが出たり頭真っ白です。 結局息も絶え絶え、頭と顔面蒼白で会場入りしたのは終了15分前。   1はVSリーさん 2はVSたぶん少林流空手とキックの人 3はVS空手(流派名ど忘れ)とキックの人 4はVSたぶんリーさんとこのNo.2   1は私がボロボロで来場してきたのを見て、ほぼミット打ちをしてるみたいに リーさんが手加減してくれてたんですけど、途中から「もうちょっとガチで。」を 言いましたね。 課題はリーチある人の打ち下ろしとロングフックかな。   2は投げ禁止と聞いてたんで、対策も想定もしてない油断しきってる所へ タックルで押し倒され、腰と左ひざを痛めました。 投げありなら体落としで対抗と言う頭があったのに。   3はこの時点でスタミナが干上がって気力で立っている状態。 全く想定も練習してないフルコンルールのため、全然立ち回れず。   4は消える魔球ならぬ消える蹴り。 軌道は読めないし、一瞬消えたと思ったら唐突に蹴り足が飛んできて 回避不可で貰いまくり。   全体を通してスタミナが切れてる上に頭真っ白になっちゃって、 練習やりこんだ前蹴り→パンチコンボしか出ていなかった。 もっとガードブレイク技を出すべきだった。   懇親会はリーさんと私以外、みんな疲れ切って帰ってしまい デニーズでリーさんとサシでランチ会。 話した内容は武クラの話と政治と修羅場くぐった話。 特にリーさんが狙撃されて、弾丸が胸元をかすった話等 聞き入ってしまい、気が付くと3時間近く話し込んでいた。    続きを読む

地下格闘場ツルザップに行って来た27

中国拳法、ダンス

  16日はNJFK2冠の鈴木翔也さんがゲストで来るとのことで、 ツルザップに行ってきた。 数日前に参加する旨をうちの道場の高見さんに伝えたせいか、 16日の道場で組んだ相手がいつもNo.2のIさんではなく、 後輩のSさんだったのでいつも稽古後ヘトヘトに疲れが 残ってツルザップに参戦するのだが、半分ぐらいの疲労感 だったので結構動けた。 ネトナン師界隈で話題になってるグリコのエクストラアミノアシッドを 飲んだのも良かったかもしれない。 ただ目にできたものもらいが酷く、現場へ行って帰らされたくないので、 眼帯をしていったのだがこれが致命傷。 片目だとストレートのような早いパンチが追えない、距離感がつかめない、 司会狭いんであらゆる打撃が見えにくい等、いやベルセルクのガッツって これでよく戦えるわな。   鈴木さんはプロ規定でやはりスパーリングはダメみたいだが、 回し蹴りの効かせ方を教えて貰った。   1VS日本少林寺拳法、キックボクシング 2VS鶴さん(元スーパーフェザー級4位) 3VS重量級キックボクシング   1は逃げ回るので、こちらも引いて誘うのだがなかなか誘いに乗らない。 もうちょっと接近戦の乱打戦を競り勝てるようになればいけるかも。   2はもっとフックを効かせられれば逆転の目はあったかも。 やっと少し崩してフックが当たったので、焦って手打ちになって しまった。   3は特には。 掴めるチャンスがあったから今度やる時は体を掴んでみようかな。 ただ16OZボクシンググローブって掴みにくいんだよね。   ほんと眼帯舐めてたよ、片目と両目でこうも戦いやすさが違うとは。 あと稽古疲れが少ないと動きやスタミナの持ち全然違うねー。 あっ、そう言えばクロスステップがちょっと大股過ぎたかな。   続きを読む

テコンドーのリーさんのスパーリングオフ会に行った

中国拳法、ダンス

  許式意拳はロングレンジの蹴り技が無いので、前々からテコンドーの第一人者の リーさんのツイ垢とYOUTUBEチャンネルをストーカーしてたんですが、 その中で河北形意拳八代目伝人の大貫陸さんが顔面ありで試合して 全く歯が立たなかったのがあり「えっ、形意拳で顔面ありでこんなに手も足も出ないの!! 同じ形意拳系を嗜む者としてちょっと俺もやってみたい。」と生来のどM魂に火がついて、11日の多摩スパ参加申し込みと「私も陸さんとやった顔面パンチありでリーさんと やってみたいです。」と交渉してLee's Challenge(?)を予約しました。   で来る11日まず多摩スパの方ですが、noteの紹介文には「超ライトで、基本フルコンルール で・・・。」みたいなこと書いてあったんですが、会場のノリと自分もやりあった感じ ツルザップぐらいのややガチ目の強度で良かったです。 やっぱりスパーリングはなれ合いの緩スパより、多少火遊び感がないと自分は楽しくないですわ。 フルコンルールの方も相手と交渉して顔面パンチありでOKならやってもいいそうで、 10人ぐらい試合って4人ぐらいは「望むところです。」と応じてくれる人いました。 応じてくれた4人の中でなんと女性も一人いました。   Lee's Challengeはリーさんが「そろそろお時間が来たんで締めますよ。」と号令を 掛けた時、駆け込みでやりました。 いやーやってみてわかったんですけどこりゃ無理だわ、火力もさることながら リーさん上手すぎるわ。 大貫 陸さんの気持ちが良く分かったわ。 まずステップワークが巧みで全然接近戦に持ち込めない。 普通中段足刀って効かないですけど、リーさんのは重くて足を止められてしまう。 なんとか接近して攻撃しても、巧みなスウェーでかわされた後、潰されるか 突き放されてしまいお手上げですねー。   2次会はリーさんを囲んで数人と近くの高級イタリアン(?)のサイゼ行って、 リーさんが正道会館の石井館長から団体の経営指南を受けた話とか 「カンフーの人は他に詠春拳の人とやったことがあるんだけど、 みんな接近戦でくるんで対策が容易なんだよねー。」と言う話と、 テコンドーの人が股関節や脚が柔らかいのはやっぱり秘伝のトレーニング法がある とか聞きました。    続きを読む

コス格に行った

中国拳法、ダンス

  5日はレイヤー友達作りの為に新宿のコス格へ初参加。 この日は外れ回だったらしく参加人数も少なく、女性は一人しか来てなかった。   イベント開始時、主催のrikiyaさんに「スパーリングメインでやりますか? アクションスタントメインでやりますか?」を聞かれ、どうせやるなら 今までやったことがないことを経験しようと思って、アクションスタントを 選択。 「どうせ表演か、約束組手の延長だろうな?」と舐めていたら、動画を見て貰えば 分かる通り、中国武術の動きと真逆でめちゃきょどった。 外野で演出兼カメラマンやってる人に「もっと動きダイナミックで、アクロバティックで!!」 を言われるんだけど、私のやってる中国武術の意拳はコンボを繋げる為や、隙を 可能な限り無くすため動きをかなりコンパクトに矯正してるし、外した後隙だらけになるので、 アクロバティック系の技はない。 しかもコスプレが干渉して大きな動きはやりにくい。 初参加で急にやれと言っても無理だわなー。 しょうがないんで、蒼天の拳の霞拳志郎のコスプレとは全く関係ないがカポエラの技を入れて なんとか見られるものには取り繕った。   今回のイベントは場を提供したのはrikiyaさんだが、場を仕切っていたのは、 コスプレ界隈ではそこそこ名前が出ているヒーローアクションチームの マグナムスタジオさんで演出の指示出しや音響、カメラマンをやってるのは そこのチーフだった。 休憩時間そのチーフが「仕事が全然取れねー。」とぼやいていたので 「YOUTUBEチャンネル見ましたけど、VSEO対策してますか?」と言ったら、 「VSEO?何それ、知らない。」と言うそっけない返事だった。 「インスタ、tiktokで拡散してますか?」と聞いたら 「めんどくさくてやってない、販促は商店街にビラ配りとtwitterで宣伝してるだけ。」 という返答だった。 「私のYOUTUBE収益化とメンバーシップ導入できてるんですよ、VSEO対策だけでも 帰ったらググってやっておいた方がいいですよ。」と現役のプロのWEBマーケッターが タダでアドバイスしてあげたんだが、露骨に渋い顔された。 チーフ、完全に昭和のコテコテの職人みたいな感じだったからなー。 昭和&平成中期まではいい物を作れば口伝てで広まって売れたんだけど、 今は同じようないい物は溢れてるので、マーケティングの手法を取り入れて 売れるまでの導線作ってやらないとどんなにいい物でもさっぱり売れないからなー。 まあ職人肌の人にマーケティングや営業の話をすると大体嫌われるからなー。 私も御多分に漏れず嫌われてしまったようで、終了間際チーフは参加者みんなに LINE交換を持ちかけていたが、私だけガン無視だった。   続きを読む